第1回 星空キャンプ2017開催報告

地域包括ケア研究所(以下「当研究所」)は、2017年8月5日(土)〜7日(月)、北海道本別町と共催で「星空キャンプ2017」を開催しました。医学生、看護学生、医師、看護師、保健師、ソーシャルワーカーなど22名が全国から集まり、初回ながら充実したキャンプとなりました。
講師として、当研究所所長でもあり星空キャンプ塾長・諏訪中央病院名誉院長 鎌田實先生、東北医科薬科大学地域医療学教室・総合診療科准教授 住友和弘先生、諏訪中央病院院長補佐 山中克郎先生など、地域医療や総合診療で著名な先生方が本別町に集結しました。
各先生方の講義やワークショップに加えて、過疎地でもある本別町の医療・福祉について自分の足を使って調査をする「地域診断ワークショップ」が当プログラムの目玉です。

<山中克郎先生による臨床指導>

地域医療の先人たちの経験や哲学に触れながら、実際に本別町の地域医療を体感できるプログラムは、参加者にとってとても学びが深い体験になりました。地域医療に関心を持つ小さなきっかけとなったのではないかと期待しています。

<ハーベスト(振り返り)の様子>