所長メッセージ

あたたかな地域社会の実現のために

 

私たちの暮らす日本は、2008年に人口のピークを迎え人口減少トレンドに入りました。
2016年には高齢化率は27.3%となり、超高齢社会への道を歩んできています。
2025年にはいわゆる団塊の世代が全て75歳以上となり、日本は世界が経験したことがない段階へと足を踏み入れます。
超高齢社会は、生産年齢人口の減少や消費の停滞など、地域社会の活力もむしばみつつあります。地域での働き手の不足、地域での子育ての担い手不足、地域での介護の支え手不足・・・。

私たちは、この未来に希望を持ちにくくなっている社会の中で、「とびきり面白いことやろう」という掛け声で集まった仲間達です。一般社団法人地域包括ケア研究所はこうして産声をあげました。

私が諏訪中央病院の院長として長年かかわってきた長野県は日本一の健康長寿の地域に変革し、”地域包括ケア”の原点となりました。長野県茅野市は、地域の住民が参加する住民自治の町としてとても温かな地域づくりをしてきました。
私たちは、地域社会には体温があると確信しています。そして、その体温を高めていくことが、今後の地域づくりと密接に関係しています。
私たちは、地域が体温を高め、「あたたかな地域社会」を実現する小さなきっかけを提供していきます。

 

地域包括ケア研究所

所長 鎌田 實

 

代表メッセージ

 

私は40歳という人生の節目を前にして、新しい風を吹かせたいと思い、この一般社団法人地域包括ケア研究所を立ち上げました。
21世紀を迎えたころ、団塊の世代ジュニアと呼ばれる私たちの世代は、社会人としてデビューしました。そのころは、日本はITバブル崩壊の真っただ中。日本人は自信を失いかけていると感じました。その時に感じた「日本を元気にしたい」という素朴な想いを今でも大切にしています。

日本は、これまで世界中誰もが経験したことのない少子高齢化社会を目前とし、大きな変革期を迎えています。さらに日本は人口構成という構造的な課題に加えて、都市部への社会基盤や文化の一極集中という問題も抱えています。従来の日本は、それぞれ魅力ある地域社会の集合体であったのではないかと思います。それぞれの魅力的な地域が輝くからこそ、日本という国が輝いていくのではないでしょうか。
私たちは、改めて日本の魅力的な地域社会を実現するために、地域社会とその地域社会を支える基幹となる医療・福祉の仕組み作りを担っていきます。

私たちは、少しずつですが、確実に前に向かって進み続けます。私たちには、鎌田實所長だけでなく、多くの私たちの想いに共感してくれる仲間がいます。そして、多くの支援者に支えられて活動しております。引き続き多くの仲間たちに、私たちの取り組みに参加していただきたいと思っています。
引き続き、よろしくご指導とご鞭撻のほどお願いいたします。

 

一般社団法人地域包括ケア研究所
代表理事 藤井 雅巳

 

地域包括ケア研究所のロゴ


私たちは、あたたかな地域づくりにとって、「医」「職」「住」という三つの要素を大切にしています。

「医」は医療です。地域に住み続けることができるかどうかの安心を担保する仕組みは、医療・介護・福祉などのベースとなるインフラです。必ずしも病院や施設があればいいというわけではなく、地域で自分らしく住み続けるための仕組みである必要があります。

「職」は、生活の糧を得て、生きがいを得るための、重要な要素です。多くの地方の地域では魅力的な仕事がないという理由で、その地域を離れざるを得ない人々が沢山います。しかしながら、本来魅力的な職場であるはずの医療・介護・福祉の現場には常に人が足りていない状況です。このギャップを埋めていくことが大切です。

「住」とは、その地に暮らしていくうえでのあらゆる面でのサポートです。高齢者や障碍者のような社会的な弱者への支援だけでなく、子育て世代の家族のサポート、地域の宝物でもある子供たちへのサポートなども含まれます。全ての世代における小さな支援が必要な住民にとって安心して暮らしていく仕組みです。

私たちは、これらの要素を同時に適切に充足していき、あたたかな地域社会は成し遂げたいという想いを、研究所のロゴに表現しました。

 

▶️研究所の概要・沿革

▶️チームメンバー

▶️私たちとはたらく