東京都町田市の取り組み

多摩丘陵の小高い丘に位置する「まちだ丘の上病院」。ここはもともと南多摩整形外科病院という障害者(児)の機能改善医療を手がけておりました。後継者不足により閉院が決まっていましたが、研究所として経営を支援し、地域を支える医療機関として再出発するプロジェクトを始めることとなりました。

 

東京都内という好立地、貴重な里山が残る町田市小野路という地域は、地域医療を学ぶ場としては絶好の立地です。私たちは、この医療機関を“より実践的な地域医療”を学ぶ場としての活用を考えています。

 

<鎌田實名誉院長による開院お披露目式>

3つの約束

「まちだ丘の上病院」は、職員の公募により新たな病院の名称を決め、3つの約束を掲げて再出発しました。
その約束とは、「あたたかな医療」「確かな医療」そして「共に歩む医療」です。

「あたたかな医療」とは、患者様とご家族の方に心のあたたかさが伝わること、

「確かな医療」とは、医療機関として必要な医療技術を備え、一人一人にあった確かな医療を提供すること、

「共に歩む医療」とは、職員と全ての関係あるステークホルダーの皆様と共に地域で成長することー

町田という42万人の住民が暮らす地域を支えるために一番大切な要素を凝縮させ、覚悟を込めました。
私たちの仲間は、この3つの約束をいつも胸に、医療サービスを提供しています。。

<3つの約束研修会の様子>

学びの場としての町田

「まちだ丘の上病院」は、広い活動領域と学びの機会がある場所です。
【医療経営】・・・私たちには医療機関としての経営の再建が求められていましたが、チーム一丸となって取り組んだ結果、3か月で黒字化の目処をつけることができました。地域を支える医療機関であるためには、最低限の経営体力も求められます。ここは医療経営という観点でもスペシャリティを学ぶことが出来ます。
【場作り】・・・地域との関わりを持つためのきっかけとなる場作りを手掛けてきています。これまで、2回の講演会やバザー、クリスマス会などの地域との交流を作るための企画を次々と実現しています。

《2018年度実績》

住民との関係性作り

ビタミンカフェのづたへの参加

お花見バザーの実施

特別講話&BBQ

納涼会

丘の上焼き芋プロジェクト

そば打ち体験会

地域の専門家とのつながり作り

まち・ひと・くらし研究会の講演会

まちだ丘の上勉強会の開催

ケアマネージャー対象の勉強会

<お花見バザーの様子>